わくわくサイエンス塾

札幌科学実験キッズクラス6/17『飛ぶ種』

空気と遊ぼう1回目『飛ぶ種』

 空気あそびをテーマに3回連続の講座です。「空気ってなんだろう?」「このへんにあるもの、みえないもの・いきをするときひつようなもの」などの返答がありました。季節公園ではドロの木やタンポポなどの綿毛が飛ぶシーズン、今日は空気中を舞う、回転する、飛ぶ種をテーマに遊びました。セイヨウタンポポ、ススキ、オオウバユリ、イロハモミジの種が登場、種の形はどのようになっているか、大きくなったらどのような色、形になるか、どのよう飛ぶか、など遊んでみました。そして、とてもよく飛ぶ種と言われているアルソミトラの種の模型で遊びました。本物の写真をみながら種となる部分にシールを何枚か貼り付けおもり代わりに、飛ばしてあそびながら遠くまで飛ぶように工夫しました。植物の種って色々なスタイルあって仲間を増やしているのですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA