青い鳥

10/15青い鳥の科学体験~鏡とレンズ~

10月15日。
 
青い鳥の科学体験。
 
今日の科学のテーマは『鏡とレンズ』。
 
◆野外でホースから水を出して虹を人工的に作る実験(レンズの実験)
◆鏡やスプーンや虫眼鏡を使って色々な見え方を発見する実験(鏡の実験)
を楽しみました。
 
 子どもたちは特に虫眼鏡を使った実験が気に入り、色々なものが大きくなって「うぉー!すごい!」と大盛りあがりでした!!
 
【レンズについて深く知る!】
レンズと光の性質を利用して作られているOHP。
子どもたちはOHPを利用したプログラムにも夢中になりました。
 
■年長クラスの十五夜製作をライトでうつしました。
幻想的なお月様になり、大感動でしたね!
 
■GEMS(Great Explorations in Math and Science;ジェムズ)のプログラム『恐竜の自己防衛』に取り組みました。まず、恐竜は、草を食べる草食恐竜と草食恐竜を襲って食べる肉食恐竜がいて、喰う、喰われるの関係があることを聞きました。何も防御機能を持たない紙の恐竜が子どもたちの目の前にOHPで映し出されました。この防衛機能を持たない恐竜が肉食恐竜に食べられないようにするためには何が必要か子どもたちと考えました。そして、子どもたちは思い思いに、その恐竜に防衛機能をつけていきました。トゲトゲや羽、牙などなど、「○○して自分を守る」「○○して追い払う」「〇〇で攻撃して逃げる」とたくさん考えましたね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA