おたる・さっぽろアウトドアスクール

11/7~8チャレンジキャンプ『海釣り&海の環境保全』

11月7日~8日。
 
チャレンジキャンプ。
 
 今回のテーマは「海釣りを楽しみ、海での活動を通して海の環境保全について考える」です。
 
 1日目は、まず岩内港に行きました。砂浜で砂を採取するとともに海洋ゴミの漂着を確かめて昼食タイム。昼食後、釣りをしようとしたら、だんだんと風が強くなり、残念ながら釣りを断念。そのため、余市港に行きました。余市港は岩内港よりも風が弱かったので、すぐに釣りのスタート!サビキ釣りとブラー釣りに分かれて活動しました。サビキ釣りチームも、ブラー釣りチームも、今日は、潮の流れが良くないためか、魚影が薄く、なかなか釣れません。ですが、夕まづめになると、魚影が濃くなり、たくさんのアタリが!!「やったー!釣れたー!」と喜んでいました。何度も仕掛けを海に入れて、釣りをリスタートさせて釣りました。釣りの経験があまりない子は、焦って、思いっきりあげるなどしてしまって、隣の子の仕掛けとからんでしまって、おまつり状態に・・・・というハプニングもありましたが、釣りを楽しむことができましたね。
 
 暗くなり、夜釣りチームは、お弁当を食べて、古平港へ行きました。低学年や夜釣りを希望しない子たちは、本部で夕食、休憩、就寝タイム。夜釣りチームは、昼間のブラーからワーム(ソフトルアー)での釣りに切り替えてスタート!!どちらもクリンチノットで結ぶのですが、暗くなり、結ぶのを大変そうにしていましたが、何とか結び終わり、仕掛けを海に投入!!すぐに反応がきました。良型のエゾメバル、クロソイ、そしてヒラメ!!そう!ここ、古平港はヒラメが狙える港なのです。ヒラメを釣った子は、とっても感動していました!!人生初のヒラメに大満足でした。夜釣りチームは、古平港以外に、美国港、余市港、とまわり、本部に到着。本部で釣った魚を捌いて就寝タイム。
 
 2日目。朝食後、東小樽海水浴場に行きました。ビーチクリーン(海辺の清掃活動)を行い、海洋ゴミの漂着を確かめ、また砂を採取しました。本部に戻り、希望者の3人のみ朝釣りに行き、残りの子は海の環境保全プログラムに取り組みました。
 
 まず、海洋ゴミとは何か?を学び、今、5mm以下のプラスチックであるマイクロプラスチックが特に問題になっていることを知りました。そして、岩内と小樽の海洋ゴミの状況の調査報告をするために大きな新聞づくりを始めました。砂の粒を顕微鏡で観察して調べたり、マイクロプラスチックが含まれているか実験して調べたりして、わかったっことをまとめて、そのうえで自分たちがこれからどのように環境に配慮しながら生活することができるかも考えました。最後に、まとめたことや考えたことをチーム毎に発表をしてプログラム終了!
 
【1日目の釣果】
カタクチイワシ:8匹
エゾメバル:5匹
 
【1日目の釣果(夜釣り)】
クロソイ:15匹
エゾメバル:20匹
ヒラメ:1匹
 
【2日目朝釣りの釣果】
エゾメバル:3匹
 
【食事MENU】
11月7日夜:うどん、(夜釣りチームは)お弁当
11月8日朝:ご飯、納豆、ふりかけ、味のり、スクランブルエッグ、ウインナー、わかめの味噌汁
11月8日昼:ご飯、からあげ、ポテトサラダ、きのこと豆腐の中華スープ、(夜釣りチームは)うどん、きのこと豆腐の中華スープ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA