風の学校

11/27風の学校『自然たんけん』新聞紙テントづくり~防災活動~

11月27日。
 
風の学校の自然たんけん。
 
防災活動の一環として、新聞紙でテントづくりに取り組みました。
新聞紙で支柱を作り、壁や屋根をつくり、飾り付けをして完成!!
 しっかりとした支柱を作らないと、すぐに折れてしまい、やり直しを何度もしている子もいました。何事も経験ですね。普段から紙を使って棒や剣を作っている子も、長いのを作ることができずに悔しがっていました。いざという時のために、経験をしているかどうかで、落ち着いて対応することができるようになります。経験していると、こうしたら失敗して、こうやったら成功するということがわかります。今は、あまりうまくいかなくても、少しずつできるようになることで、達人にだってなれます。これからも楽しみながら技術を磨いていきましょう!
 今回の活動は、もし、災害にあって、避難所等に避難したとき、そのときにあるものを工夫して、自分のスペース(プライバシーを守るためのスペース)を作るための経験でもあります。他の人にずっと見られているという状態が続くと、緊張が続いて、精神的にまいってきてしまうことがあります。それを回避するための場所づくりなのです。
 もしかしたら新聞紙が避難所にないかもしれません。そのときは新聞紙でなくても他のもので代用したら良いと思います。テープがなかったら、紐を使えば良いですね。紐がなければ、他のものを使ったり、自分で作れば良いですね。このように、あるものを利用して、その目的を達成するという、たくましく生きる力を育むために行いました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA