おたる・さっぽろアウトドアスクール

12/13チャレンジキャンプ『クッキング』

12月12日~13日。
 
12月チャレンジキャンプ。
 
 キッズのテーマは、『ぐりとぐら』のストーリーに沿って進むストーリークッキング。スタッフがぐりとぐらのストーリーを寸劇で演じて始まったキャンプ。
 
 子どもたちは、森の中にあるカステラや道具を集めに森へ行きました。小樽の森は雪で真っ白。子どもたちは地図を片手に森を駆け回り、たくさんの発見をしました。斜面でも、水たまりがあっても、どんな場所でも好奇心旺盛に探し回り、見事に全部を見つけました。
 
 キャンプ2日目にいよいよカステラ作りです。みんなで協力して作りました。火をかけていると、だんだんと膨らみ、感動しましたね。クリスマスも近いので、クリスマスケーキとして、ホイップクリームをデコレーションして美味しくいただきましたね。
 
【ぐりとぐらのストーリーとは・・・】
野ネズミのぐりとぐらは、おおきなかごを持って、森へと出かけていきます。森の中で見つけたのは、どんぐり、栗、大きな卵・・・・。お料理すること、食べることが好きなぐりとぐらは卵を使って何をつくるか考えます。そこで思いついたのがカステラ作り。お鍋、小麦粉、バターや牛乳などを用意して、お料理がはじまります。そこで、カステラのにおいに誘われてやってきたのは・・・森の中の動物たい。焼き立ての大きなカステラをみんなで仲良く食べました。
 
 ジュニアのテーマは香りを楽しむクッキング。ハーブ&スパイスの香りと燻製の香りを楽しみました。まずは夕食のBBQのために、森で笹や枝を採取してナイフで削り、焼き串を作りました。とってもサバイバルにたんけんして楽しみましたね。本部に戻ったら、ハーブ&スパイスについて学びました。香りには、辛み、甘み、爽やか、うまみの4種類があり、これらの種類にはどんなハーブやスパイスがあるのかを学びました。その上で、自分たちでまずにおいをかぎました。においのかぎかたも学びましたね(ハーブやスパイスはマスク越しでもちゃんと感じることができましたね)。においをかいだら、自分が好きなものを塩と合わせてブレンドして、オリジナルハーブ塩をつくりました。そのオリジナルハーブ塩を使って、自分で削った串を使ってお肉や野菜をさして焼いて、ハーブ塩をかけて食べました。やっぱり自分でブレンドしたハーブ塩は最高でしたね!!
 
 キャンプ2日目は、燻製を楽しみました。りんごのスモークウッドとスモークチップに火をつけて、燻製器で食材を燻しました。りんごのスモークは、とても甘い香りがしましたね。自分で作った皮なしソーセージ、さつまあげ、チーズ、ポテトチップスを燻して食べると、そのままで食べるよりも、旨味や深みがまして高級なものを食べているかのような高貴な風味がして、とても美味しかったですね!!それからダッチオーブンでフルーツケーキを作りました。みんなでケーキの材料をまぜまぜ、フルーツを敷き詰め、生地を流し入れ、ダッチオーブンで焼いて完成!焼けたケーキを切り、自分でホイップして、クリスマスケーキとして、昼食のデザートにして食べました。
 
【12月チャレンジキャンプMENU】
■夕食:おにぎり、串に刺した焼き肉BBQ、野菜とキノコの味噌汁
■朝食:ご飯、納豆、卵と野菜とウインナーの炒めもの、トマト、味噌汁、りんご
■昼食:燻製した皮なしソーセージを挟んだバターロール(ケチャップをつけて)、おにぎり、ぐりとぐらのカステラ(キッズ)、フルーツケーキ(ジュニア)、燻製した食材(キッズ・ジュニア)、味噌汁
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA