風の学校

4/16風の学校の自然たんけん「春の森あそび」

4月16日。
 
風の学校の自然たんけん。
 
先週と同じ森に行ってきました!!
まだまだ雪が残るところはありましたが、あたりはすっかり春でした。
子どもたちは水たまりがさらに大きくなっていることにびっくり!!
 そろりと大きな水たまりに入ると、生き物さがしの冒険が始まりました!!島から島へ渡り、水の中を観察します。うーん、何もいないな。よし!次と、また島から島へ渡り・・・島と島の間でも水の中を観察してみます。そして・・・見つけた!とエゾサンショウウオの卵とエゾアカガエルの卵を皆で協力して発見することができました。「風の学校で皆で協力して育てたい」ということだったので、やさ~しく触って、すくって、少しの量だけ持ち帰ることにしました。また、別の大きな水まりでは、皆で協力してエゾアカガエルを発見して捕まえることに成功しました。こちらも風の学校で観察させてもらうことにしました。
 生き物を観察して育てることで、好奇心を持たせ、生き物との関わりを増やし、生き物の命を感じ、自然への感謝の心を持ち、生き物を大切にする心を養いたいと考えています。
※写真にカエルが写っています。どこにいるかわかりますか??
葉っぱに色が似ていて見つけづらいですよね~。カエルって賢い!すごい!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA